かんたん不動産査定はこちら

新築と中古住宅を比較した時のメリット、デメリット

新築と中古住宅を比較した時のメリット、デメリット
最近は新築購入のみならず中古戸建てにリノベーションをして購入する事を選択肢にされている方が増えてますよね。
中古戸建は築年数や状態にもよりますが新築購入よりもリノベーションした住宅は同水準の居住環境が得られる可能性もあり、しかも割安で購入できるのが一番のメリットですね。
新築購入より中古購入してリフォームする方が色んな諸費用を入れても差は約1000万円くらい安くなることがあるので新築と中古のメリデメを比較してご検討されてみてはいかがですか?
新築
メリット

最新設備である

現行の建築基準法の建物であるので耐震性、断熱性が最新である。

税の優遇がある

最初は中古住宅よりメンテナンスがかからない
デメリット

中古より費用がかかる

土地を探すのが大変

土地分譲は建築条件があったりすり

建築までの時間がかかる

建築中のつなぎ融資費用がかかる

どこで建てるか決めるまでが大変

仕様を決めることが多い
中古
メリット

新築より安く購入できる

実際に見て住宅を購入できる

色々なエリアから探すことができる

任意売却の住宅は安く購入できこともある

ライフスタイルに合わせて必要な部屋だけをリノベーションすると割安

全体をリノベーションしても新築より安くできる

売主さんとの交渉によっては通常価格より下げてくれることがある

売主さんが使ってた家具等をそのまま置いていってれることもある

建物によっては売る前に一部リフォームされてあったりして費用がかからないことがある

デメリット

希望条件が細かいと探すまで時間がかかる

入居までのリフォーム費用がかかりローンの支払いと家賃が二重にかかることも

昭和56年6月以前の建物は旧耐震基準に基づいてるの耐震改修が必要な場合がある

業者が販売した中古は前の住んでいた所有者がわからない

以前住んでいた方の建物維持の状態によって

は費用がかかる可能性がある

前の方の郵便が届いたり知らない人が訪ねくることもある

住んでみたらシロアリや雨漏りが突然見つかることがある

不動産屋さんに仲介手数料がかかる

建物の中には価格が高くで売ってることもある