かんたん不動産査定はこちら

消費税が上がると不動産売買に影響あるの?

今年の10月1日より消費税が8%から10%へ引き上げ

いよいよ今年の10月1日より消費税が8%から10%へ引き上げられることになりました。
特に土地や建物などの不動産は、人生で最も大きな買い物と言われるくらい高い物ですので、その分増税による負担も大きくなります。
今回は増税に伴う中古住宅の売買への影響を書いてみようと思います。

中古住宅を購入する仲介手数料の消費税がかかります。

売主が個人の場合、中古住宅の売買には消費税はかかりません。
ただし、以下の諸費用にはかかってきます。

①不動産業者に支払う仲介手数料
②ローン事務手数料
③司法書士への報酬

2000万円の中古住宅を購入したと仮定して、仲介手数料が8%と10%でいくらになるか計算してみましょう。

消費税8%の場合
(売買価格2000万円×3%+6万円)×1.08=71万2,800円
消費税10%の場合
(売買価格2000万円×3%+6万円)×1.1=72万6,000円

10月の増税ももう目前

増税により1万3,200円アップとなり、上記①~③の増額分は計約2万円といったところでしょうか。住宅自体には消費税がかからないのでそんなに値上がり感はしませんが、引越し費用やリフォーム代、家具や家電の購入費用などには消費税がかかりますので、それなりの金額になってくると思います。
ちなみにリフォーム代金は2019年9月30日までに引き渡しを受ければ消費税は8%です。
前回の5%から8%の引き上げのときのように、増税前になると工事の依頼が増え請負業者が足りなくなってきますので、工事を依頼される際には、増税前に工事が完了するかどうかを確認されることをお勧めします。

10月の増税ももう目前に迫ってきました。
大きな買い物は増税前に済ませたいものですが、一生住むことになるかもしれないマイホームこそ、本当に気に入った物件を選ぶことが大切だと思います。
ひとつとして同じ物件はありません。そして完璧な家もないと言っても過言ではないでしょう。インスピレーションも大事にしながら、とっておきの物件を探してみてくださいね。
もちろんユメマチでもお手伝いさせて頂きますので、何なりとお申し付け下さい!

松本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です